記事詳細

響いた杉本らの逸機…ベルギーに敗れたハリルJ「ひと言、残念だ」

 サッカーの日本代表は14日、ベルギーのブリュージュで行われた国際親善試合でベルギー代表に0-1で敗れた。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキング44位の日本は同5位と上位の相手に対し、守備戦術が機能して接戦を演じ互角の展開で進めた。立ち上がりから出足がよく、ボールを奪うと右FWの浅野を走らせて好機をうかがった。GK川島の好守も光った。

 しかし、後半に相手がペースを上げ、27分に緩んだ守備の隙を突かれてシャドリに突破を許し、左クロスをR・ルカクに頭で決められ、競り負けた。杉本らの逸機も響いた。

 強豪と対戦した欧州遠征の2試合は連敗に終わった。来年のワールドカップ(W杯)ロシア大会へ向け、12月1日の組み合わせ抽選で1次リーグの対戦相手が決まる。(共同)

 ■ハリルホジッチ・日本代表監督 「ひと言、残念だ。良いゲームはした。1人に4人が抜かれるという、もったいない失点をしたが、ブラジル戦よりも試合をコントロールできていた。得点につながるチャンスを生かせなかった」

 ■マルティネス・ベルギー代表監督 「選手がよくやってくれた。日本はダイナミックでプレスが強く、難しい試合だった。10日のメキシコ戦を含め、欧州とは違うスタイルの相手と試合をできたことはW杯に向けて有益だった」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう