記事詳細

ようやく予選突破の遼、松山と対照的な立場 「自分がゴルフファンならば英樹を見たい」

 ■国内男子ゴルフ「ダンロップフェニックス」第2日(17日、宮崎県フェニックスCC=7027ヤード、パー71)

 前週まで5週連続で予選落ちしていた石川遼(26)が通算1オーバーの36位タイ。日本ツアーに戻り今季6戦目で初の予選通過を果たした。

 これまでオール予選落ちに「精神的な落ち込みは少なからずあったが、覚悟の上でやりたいことがあった」と試合後も練習場で打ちまくり、スイング改造に取り組んでいる。今大会は松山が出場し、いやがおうにも現状の対照的な立場を思い知らされるが、「自分がゴルフファンなら英樹を見に行きたい。石川遼を見たいな、というゴルフをこれからしていきたい」と下は向かない。

 予選ラウンドは一昨年、昨年の国内ツアー・フェアウエーキープ率1位で、今季も70・43%でトップ(前週終了時点)の稲森佑貴(23)と同組だった。何かヒントをつかんだか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう