記事詳細

大谷問題、大リーグ選手会と合意至らず延長戦 金銭面の格差以外でもせめぎ合い (2/2ページ)

 米紙報道によると、同選手会は金銭面の格差以外にも日本側に対し、ポスティングの申請期間を従来の11月1日~翌年2月1日から、11月1日~同月15日に短縮するように要求している。NPB側は「せめて12月31日までにしてほしい」とせめぎ合っているという。

 また、日本球団が受け取る譲渡金の額が希望より少なかった場合でも、選手のポスティング移籍が順調にいくような新しいルールづくりを求めているという。

 「最終的には大谷のメジャー挑戦は実現するだろう」とマンフレッド米コミッショナーは楽観視しているが、最後の詰めは予想以上に大仕事であるようだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース