記事詳細

貴乃花親方「不可解行動」のネタ本発見 孤立厭わず、マイク突き付けられても『木鶏』貫く (1/3ページ)

 横綱日馬富士(33)が平幕貴ノ岩(27)に暴行した問題で、貴ノ岩の師匠として日本相撲協会による聞き取り調査を断固拒否し、報道陣の問いかけにも沈黙を貫いている貴乃花親方(45)=元横綱。あえて自ら孤立を深めているようにみえるが、その行動規範というべき愛読書がある。昭和の角聖こと、第35代横綱双葉山(時津風定次)が書いた1冊だ。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

 貴乃花親方が隅々まで熟読し関係者に一読を勧めているのが、双葉山の著書「横綱の品格」(ベースボール・マガジン社新書)。1956年に発売された「相撲求道録」(黎明書房)に加筆、修正されたもので、双葉山が考える横綱としての心得がつづられている。

 記者が貴乃花親方からこの本を手渡されたのは、暴行事件を起こして引退した元横綱・朝青龍(ドルゴルスレン・ダグワドルジ)氏が世間をにぎわしていた2009年のこと。まさに「横綱の品格」が問われている最中で、貴乃花親方は当時から朝青龍の横綱としての言動や行動には批判的だった。

 記者は貴乃花親方と2人だけで話した際、「横綱の品格とは、どういう意味だと思いますか?」と質問した。貴乃花親方に返答の代わりに「この本を読んでみてください」と差し出してくれたのが、この1冊だったのだ。表紙の裏に『不惜身命』と座右の銘を添えてサインもいただいた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース