記事詳細

日馬富士、暴行事件が娘の受験に影響せず安堵 角界青学事情

 小学校受験、いわゆる“お受験”の業界では、「大相撲九州場所が盛り上がると、入学試験も佳境に入る」といわれる。都内の私立小学校は11月初旬から一斉にテストを始め、11月中旬にヤマ場を迎えるからだ。

 モンゴル人力士の飲み会で貴ノ岩(27才)にけがを負わせた張本人の横綱・日馬富士(33才・11月29日に引退を発表)は、6才の長女、5才の次女、4才の長男の父親でもある。長女は、親方や力士の子息・子女が多数通う“角界御用達”の名門私立・青山学院の付属小学校に通っている。

 「日馬富士の師匠である伊勢ヶ濱親方も子供を青山学院に通わせていました。慕っているおかみさんの淳子さん(55才)の勧めもあり、青学を選んだようです」(相撲ジャーナリスト)

 実は、日馬富士の次女も今年11月初旬、都内の名門私立小学校を受験したという。

 「暴行事件を起こしたのは10月末のこと。もしそれがすぐに発覚していたら、娘さんのお受験にも影響していたかもしれません。事件が報じられたのは11月中旬で、もうテストや面接は終わり、次女は見事に合格していた後のこと。日馬富士は“受験に影響しなくて本当によかった。もしこれでダメだったら、娘に一生顔向けできなかった”と安堵の顔を見せていたようです」(前出・相撲ジャーナリスト)

 そして、日馬富士と意外な“つながり”があるのが、貴ノ岩の師匠である貴乃花親方(45才)だった。

 「実は、貴乃花親方の長男・優一さん(22才)も15才でアメリカに留学するまで幼稚園から青学です。つまり、景子さん(53才)と淳子さんは、子供もまったく同世代なので、名門私立学校の“ママ友”なんですよ。今年8月、夏巡業の『渋谷青山学院場所』が東京・渋谷の青山学院大学で初開催されたんですが、これは貴乃花親方と伊勢ヶ濱親方と日馬富士の“青学パパ”たちが協力したからできたこと。チケット4700枚が完売する大盛況で、3人とも笑顔でしたが…」(前出・相撲ジャーナリスト)

 名門私立の保護者同士、良好な関係と見られていた3人だが、暴行事件を経て一気に関係は変わってしまった。

 ※女性セブン2017年12月14日号

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース