記事詳細

貴乃花親方、12・20理事会で“降格”か 日馬に引導も返り血「電話作戦」でまんまと… (1/2ページ)

 貴乃花親方(45)が土俵際だ。元横綱日馬富士(33)の暴行問題をめぐり、日本相撲協会は理事会の決議で関係者の「懲戒」に言及、巡業部長の職務を怠ったとして12月20日の臨時理事会で「降格」などの処分が検討される。日馬富士のクビを取った貴乃花親方だが、返り血を浴びることになる。

 11月30日の理事会冒頭、写真撮影で眼光鋭く八角理事長(54、元横綱北勝海)をにらみつけた貴乃花親方だが、約3時間半の異例のロング協議では、逆に攻め込まれる場面があった。

 「貴乃花親方が協会の聴取に協力すると、捜査の妨害になるのか?」

 貴乃花親方が鳥取県警の捜査を理由に平幕貴ノ岩(27)の聴取に応じないことを書面で読み始めると、理事の1人が「県警に電話してみよう」と声を上げた。捜査幹部は「そちらの判断で決めてくれていい。(協会側が)聴取されても差し支えない」と回答。理事は電話を貴乃花親方にも代わったが回答は同じだった。

 貴乃花親方は「(県警が)『そちらに任せる』なので、協力しません」と突っぱねたが、外部理事の高野利雄・危機管理委員長(元名古屋高検検事長)が「理事として責務がある」と迫ると、「警察の捜査が終わった時点で協力する」と折れるしかなかった。

 「電話作戦」が突然思いついたものであるはずもなく、貴乃花親方は執行部側の注文相撲にまんまとはまった形だ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース