記事詳細

【プロキャディーXのつぶやき】男女賞金王愛用PINGのドライバーは「打ち出の小づち」!?

 最終戦「ゴルフ日本シリーズ」までもつれた男子ツアー賞金王争い。大会最終日に逆転で宮里優作が、優勝と初の賞金王タイトルをもぎ取った。

 格好良かったね。「日本の男子ツアーは俺が引っ張っていくぜ!」と言わんばかりの強さを感じさせる宮里のプレーは、大会を盛り上げた。日本プロゴルフ選手権に続く、日本タイトル年間2勝は、賞金王に花を添えたと思う。

 その一方で、ツアー最終戦まで賞金ランキング1位だった小平智は、逆転を許した。新妻の古閑美保が賞金女王に輝いた実績があり、初の夫婦賞金王の珍記録も期待されたが、無念の最終戦となった。

 コースでは、やっぱり宮里を応援するギャラリーが多いように感じた。アマチュア時代の活躍ぶりをはじめ、妹の藍ちゃんのお陰で昔からその名も全国区の宮里は男子ツアー界の顔だ。

 初の賞金王奪取の瞬間を一目見ようと、ゴルフ関係者もコースへ駆けつけていた。宮里の人脈の広さがわかる。表彰式後には、ギャラリーの撮影会の時間が設けられ、18番グリーンは大にぎわい。告知を盛大にしていれば、もっと集客できたはず。できれば毎試合、表彰式後に企画すればファン拡大につながるに違いない。

 喜んでいるのはクラブメーカーのピンのプロ担当だろう。今季、男女ツアーともに賞金ランク1位の選手が、ピンのドライバーを愛用している。

 宮里は「G400 LSテック ドライバー」(8.5度)で見事なティーショットを連発してみせた。初の賞金女王になった鈴木愛もピンのドライバーで、安定したティーショットを放ち、女王の座を引き寄せた。

 もしかして、このドライバーは「打ち出の小づち」なのか? と思った次第。このオフ、俺も試してみるか…。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう