記事詳細

貴乃花親方が“共犯”白鵬に追撃弾準備 理事長選をにらんで“死んだふり”…紛争は第2幕へ (2/3ページ)

 危機管理委による貴ノ岩への聴取は、19日の午後7時から2時間、貴ノ岩の入院先の病院で行われた。貴ノ岩は「特に礼を失する行為をしたわけではない」「暴行を受けて傷害を負わされるような理由は全くない」と主張した。一部では、「冬巡業を無断休場した貴ノ岩にも処分を下すべきだ」との声もあったが、相撲協会側は全面的に被害者の貴ノ岩を擁護する方針も表明した。

 テコでも動かなかった貴乃花親方の豹変は、これだけではない。相撲協会は2014年に公益財団法人へ移行した際、すべての相撲部屋に誓約書を書かせたが、貴乃花部屋だけが未提出だった。人材育成業務委託契約に関する誓約書で、力士の育成は協会から依託を受けた親方が行うという大相撲の枠組みを定義し直したものだった。

 「不祥事が起きたら師匠ではなく直接協会へ伝える」といった内容が含まれ、従来の親方と力士の師弟関係ではなく、力士は協会と契約しているとすることを明示したこの契約に、貴乃花親方は納得していなかった。しかし、この誓約書も事情聴取を機に提出した。

 これで山が動いた。11月の九州場所を前頭8枚目の地位で全休した貴ノ岩は、来年1月の初場所では十両、3月の春場所では幕下まで陥落する見込みだったが、仮に初場所を全休しても春場所には十両で臨めることになったのだ。

 貴乃花親方の軟化策は効果があった。この救済措置を緊急提案したのは、誰あろう、貴乃花親方にとって天敵の相撲協会の八角理事長(54)=元横綱北勝海=だった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース