記事詳細

沙羅、女の決意!髪と一緒に不振もバッサリ 大胆カットのウラにイメージトレ ポジティブ思考で「金」誓う (1/2ページ)

 平昌五輪のスキージャンプ代表に選ばれた高梨沙羅(21)=クラレ=が自慢のロングヘアを一気に20センチもバッサリ切った。そのウラには、イメージトレーニングで身につけた究極のポジティブ思考がある。今季はワールドカップ(W杯)0勝の不振だが、ウップンを髪と一緒に捨て去り、自身が掲げる「平昌五輪で金メダル」に向けて攻めの姿勢で挑む。(飯田絵美)

 あれっ、髪が!? 全日本スキー連盟は11日、平昌五輪代表選手のうち11人を発表。記者会見には女子ジャンプの4選手が出席したが、高梨が登場すると会場がザワついた。トレードマークの艶やかロングヘアが、バッサリとアゴの位置で切られていたからだ。

 「邪魔だなと思って切りました。2017年の失敗や後悔を全て置いてきたかった。さっぱりした状態で新しい2018年を迎えられたらいいな、と思って」

 照れ笑いで年末に札幌の美容室で切ったことを明かした。幼い頃からロングヘアの印象が強く、「美容師さんからもビックリされました。『え、切るんですか?』って」と周囲も驚くイメージチェンジだ。

 高梨本人はケロリとしたもので「割とさっぱりと決めたんです。あ、切ろうかな、と。すぐに行って切ってもらいました」。この決断こそ、金メダルを期待されながら4位に終わった2014年ソチ五輪以降、力を入れてきたイメージトレーニングの成果だ。

 今季のW杯は出場した個人4戦でいまだ0勝(11日現在)。昨季全17戦で9勝を挙げ総合優勝を果たした強さが影を潜めている。同世代のライバルのマーレン・ルンビ(23)=ノルウェー、カタリナ・アルトハウス(21)=ドイツ=の好調ぶりに圧倒されている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース