記事詳細

“永遠の次期監督候補”松井氏、2年ぶりG臨時コーチ正式決定

 巨人は12日、OBの松井秀喜氏(43)が2月6日から宮崎市での春季キャンプに臨時コーチとして参加すると正式に発表した。同10日に開催される「ジャイアンツVSホークスOB戦」(KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎)にも出場し、12日に宮崎を離れるという。

 老川祥一オーナーが今月5日の段階で「来てくれるようには聞いているが、具体的なことは決まっていない」と話していた重要案件だ。

 米大リーグ・ヤンキースのゼネラルマネジャー付特別アドバイザーを務める松井氏は、2014年に臨時コーチとして12年ぶりに宮崎キャンプを訪れて以来、3年連続で足を運んだが、昨年は1月上旬に第2子の次男が誕生したこともあり参加を見送っていた。

 “永遠の次期監督候補”である松井氏が2年ぶりにチームに関わる意味合いは、球団にとって決して小さくない。

 また2月には日本ハムの清宮、エンゼルスに移籍した大谷、9日開幕の平昌五輪に話題が集中し巨人は埋没しかねない状況だったが、ゴジラが救世主になりそうだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう