記事詳細

中日・岩瀬がブルペン入り、チェンジアップをテスト

 43歳の現役最年長選手、中日・岩瀬仁紀投手が13日、鳥取市のトレーニング研究施設「ワールドウィング」で自主トレーニングを公開した。チームメートの山井大介投手らと汗を流し「調子は悪くない。体がよく動く」と感触を語った。

 この日はことし初のブルペンで捕手を座らせ、20球ほど投げた。練習では取り組んできたが、試合では投げていなかったというチェンジアップもテスト。調子を落とした昨夏から挑戦を考えていた球種は縦に割れ「もっとスピードが落ちてほしかったが、(縦に落ちるのを)利用できればいい」とうなずいた。

 昨季は歴代最多となる通算950試合登板を達成したが「あまり記録にとらわれ過ぎずに」と冷静に話した。プロ20年目の今季に向けては「シーズンきちっと乗り切ることが目標。とにかくチームを強くしたい」と意気込んだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう