記事詳細

日本ハム・清宮が三冠王宣言「一歩一歩頑張りたい」

 日本ハムの新入団選手歓迎式典が14日、千葉県鎌ケ谷市の2軍施設で行われ、ドラフト1位で入団した清宮幸太郎内野手(東京・早実高)が三冠王宣言を行うなどファンを盛り上げ「一日でも早く活躍できるように、一歩一歩頑張りたい」と話した。

 鎌ケ谷市の清水聖士市長が見守る中、新人の全7選手が転入届を提出。ファンからの質問で将来、取りたいタイトルについて聞かれると「三冠王」と明言。大切にしている字には「道」を挙げて「自分に与えられた道が必ずある。上りがあれば、下りもあったり。いろんなときがある。それでも希望をなくさないでいく」と力強く述べた。

 前売りで販売された室内練習場での歓迎式典のチケットは3日間で完売。球場の大型ビジョンを使ってパブリックビューイングが行われ、会場の内外を合わせて約2800人のファンが訪れた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう