記事詳細

日本ハム・清宮は気配り名人 騎手の卵も感心しきり「同世代とは思えない」

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)=早実高=が同世代から“気配り名人”に認定された。

 清宮を含む日本ハムの高卒新人4選手が18日、千葉県鎌ケ谷市の室内練習場で、3月デビュー予定の日本中央競馬会(JRA)の競馬学校34期生3人と交流会を行った。

 練習用の木馬に乗り「(学校の)規則が厳しくて、体重制限もあるので食事に気を使っていると聞きました。『こういう世界もあるんだ』とものすごく刺激になりました」と目を輝かせた。

 逆に、騎手の卵たちがプロ野球のスーパースター候補から感じ取ったことも少なくない。

 競馬学校34期生3人のうち、清宮と同い年の西村淳也騎手課程生(18)は「体の大きさもそうなんですが、ふるまいが大人なんです。野球に対する思いはすごかったし、自分の意識を貫き通す、ぶれない姿勢がとても印象に残りました」と語り、「座談会では自然と清宮選手が中心に話が進んでいました。本当に気配りがうまいと思います」と同世代の行き届いた進行ぶりに脱帽した。

 山田敬士騎手課程生(20)も「囲み取材でたくさん質問を受けても、落ち着いて答えられている。話し方が本当に参考になります」。

 今回参加したJRA側で唯一の野球経験者だという服部寿希騎手課程生(19)は「(清宮は)同世代とは思えない。質問されたときに自信があるんだなという感じで、すごく年上にみえる」と取材慣れした態度に感心しきり。

 日本ハム関係者は「普段から同期入団の高校生の間では清宮が話題の中心になっているみたい」と明かす。輪の中心にはやはりゴールデンルーキーが鎮座している。(片岡将)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース