記事詳細

鶴竜、栃ノ心を寄り切り7連勝 八角理事長「相手が力を出す前に攻めた」

 大相撲初場所7日目(20日・両国国技館)横綱鶴竜は平幕栃ノ心との全勝対決を寄り切りで制し、7連勝とした。平幕朝乃山が敗れ、全勝は嘉風を引き落とした関脇御嶽海と2人になった。

 大関陣は豪栄道が小結貴景勝を押し出して5勝目。高安は逸ノ城の下手投げに屈し、2連敗で3敗目を喫した。関脇玉鷲は5敗目。

 全勝の鶴竜、御嶽海を追う1敗は、栃ノ心、松鳳山、大栄翔、朝乃山の平幕4人となった。十両は千代ノ皇が7戦全勝で単独トップ。

八角理事長(元横綱北勝海)「鶴竜は攻めが速かった。相手が力を出す前に攻めた。まだ(優勝の)意識は全然ないでしょう。そこまでの余裕はないと思う。御嶽海は落ち着いている。最初の当たりもいい。このままいってほしい」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう