記事詳細

高梨沙羅 額に輝く「バスクリン」の秘密 (2/2ページ)

 ファンとしては昨季までに比べると、物足りない成績が続いているが、「彼女が凄いのは『負けてもニュースになる』ところ。W杯通算53勝という輝かしい経歴があるからでしょう」(同前)といい、今季も高い宣伝効果は続いているよう。バスクリン広報部の担当者は淡々とこう答える。

 「複数のスキー・ジャンプの選手と契約しており、スポンサー料はまとめてスキー連盟に支払っています。金額は非公表です。高梨さんの額のロゴは目立つ場所にあるので宣伝効果は高いと思いますが、契約料を通して選手の支援をしたいという考えなので、当社の製品が売れるかはあまり考えていません。五輪では規定上、ロゴは外れることになりますが、よい成績を収めてほしい」

 入浴中の発汗効果で知られるバスクリンだが、2月12日の五輪本番で高梨が大ジャンプを飛ぶかに“冷や汗”をかくわけではなさそうだ。

 ※週刊ポスト2018年2月16・23日号

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース