記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】アドレス時は頭を上から引っ張られている感覚で! 前傾姿勢も背筋が伸びたきれいな形に (2/2ページ)

 もうひとつ、プロとアマチュアゴルフファーとの違いとしていつも感じるのは、アマチュアゴルファーには、アイアンショットを力一杯振る人が多いことです。

 プロの場合、アイアンは、思い通りの距離をイメージ通りの弾道で運ぶためのクラブなので、フルショット自体がコントロールショットになっています。よほどのことがない限り、アイアンを持って力一杯スイングすることはありません。ところがアマチュアの方のアイアンショットを見ていると、ドライバーと同じくらい力を入れて振っている人が多いように感じます。

 もし、スコアアップを目指すのなら、“振り過ぎない”スイングを自分のものにすることも大切だと思います。コントロールショットが、意識せずに、“自分のフルショット”としてできるようになれば、パーオンの確率も確実に上がってくるはずです。

 2月は、アマチュア時代からプロツアーで活躍し、旋風を巻き起こしてきた勝みなみと新垣比菜の19歳対決。2018年は2人のプロツアールーキー年。熱いバトルを制するのはどちらか? 視聴問い合わせ(電)0120・562・034

 ■勝みなみ(かつ・みなみ) 1998年7月1日鹿児島生まれ。6歳からゴルフを始め、2014年4月の「KKT杯バンテリンレディス」で史上4人目のアマチュア優勝を15歳293日の最年少記録で達成。17年、プロテストに1発合格。初参戦のステップアップ「山陽合同銀行 Duoカード」でいきなり優勝。18年は、プロとしてのツアー初優勝を目指す。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう