記事詳細

カー娘・藤沢五月の美貌に韓国が絶賛! 人気女優「日本のパク・ボヨン」との異名まで 平昌五輪

 カーリング女子1次リーグで開幕3連勝を飾った日本代表「LS北見」のスキップ、藤沢五月(26)が韓国で人気急上昇。「清純な美貌」「知的美女」と賛辞が飛び交い、人気韓流女優になぞらえられている。

 韓国3大紙の中央日報(日本語電子版)は16日付で、「女子カーリング日本代表チームの藤沢五月、韓国で美貌が話題に」と題した記事を掲載。15日の日韓戦で勝利後、藤沢の名前が韓国のポータルサイトで検索語ランキング上位に入ったと伝えた。「優れた実力もそうだが、清純な美貌が話題を集めている。引退した日本フィギュアスケーターの浅田真央と似ているという反応もあった」としている。

 他メディアには現地の人気女優にあやかった、「日本のパク・ボヨン」との異名も登場。韓国語で贈られた「トルマントルマン」という賛辞は、「大きな目で賢そうに見える」の意味だそうだ。

 当地人気に拍車をかけるのが“親韓”ぶり。五輪公式ホームページの本人プロフィルでは、韓国語が話せると紹介されている。現地スポーツ紙「スポーツ韓国」電子版は「韓国のお菓子を手に持った藤沢五月に『関心集中』」と報道。チームメートの吉田知がインターネット上に投稿した、代表5人組が新年の挨拶をする動画で、「韓国の熱い関心を受けている美女」の藤沢が韓国のお菓子を持っていることを、喜々として伝えている。

 韓国にとって藤沢は、宿敵日本を束ねる“敵将”だけに異例の大人気。もちろん日本のネット上でも、そのルックスは話題の的だ。五輪初出場の藤沢を“発見”した驚喜の声であふれ、「東ちづる似だ」「いや、永作博美に似ている」などと議論を呼んでいる。

関連ニュース