記事詳細

【清水満 SPORTS BAR】興奮は平昌から沖縄へ! 今度はイ・ボミの復活劇 笑顔絶やさず、日本の女子プロ尊敬する姿は“小平流” (2/2ページ)

 肉体の再強化。今年8月には30歳を迎える。以前からボミも「女性はこの年頃になると体力維持も大変だと思うけど、もう少し頑張らなきゃって…」と。手始めとして専属トレーナーを替えた。例年の米国合宿をやめ、沖縄、宮崎の“国内合宿”にした。このチェンジ、今季に懸ける意気込みを感じました。

 先日、ボミに近い関係者が話してくれた。

 「合宿では、去年までゴルフの練習に時間を割いていたけど、今年は体力強化のトレーニングを優先していましたね。本人も『体力が落ち着いてきた。以前のように楽しくゴルフができる気がする』とすっかり明るさが戻りました」

 先週は米ツアー「ホンダLPGAタイランド」に出場。残念ながら51位に終わったが、「とても楽しくゴルフができた」とコメントを残した。強かったときの“スマイル・キャンディー”も戻っていた。

 平昌五輪での感動は“復活”がキーだった。男子フィギュアの羽生結弦はケガから、女子スピードスケートの小平奈緒、高木美帆らは挫折から。イ・ボミもいま、その準備はできた気がする。

 というわけで今週は全力で沖縄からリポートします。ン? 暖かい所で遊ぶ算段!? ドキッ…。(産経新聞特別記者・清水満)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース