記事詳細

大鵬孫が圧勝! “ウルトラタロウ”を2発で土俵下に吹っ飛ばす

 ■大相撲春場所2日目(12日、エディオンアリーナ・大阪)

 元横綱大鵬の孫で、元関脇貴闘力の三男・東序の口18枚目の納谷(18)=大嶽部屋=が春場所2日目(12日=エディオンアリーナ大阪)が、西序の口16枚目の宇瑠寅(うるとら)太郎(28)=式秀部屋=に押し倒しで圧勝し白星発進を切った。

 初場所で前相撲の土俵に上がった納谷は、今場所で初めて番付に載ったが、初陣の相手はナント宇瑠寅。いきなり夢の対決が実現し、188センチ、170キロの納谷は、166センチ、67キロの宇瑠寅を2発で土俵下まで吹っ飛ばした。

 納谷は「緊張しました。ホッとした。(今場所は)全部勝てたらいなと思います」と喜んだ。

 また元横綱朝青龍のおい、西序の口19枚目の豊昇龍(18)=立浪部屋=は西序の口18枚目の中西(18)=境川部屋=を右からの下手投げで破り、こちらも白星を飾った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう