記事詳細

【松本秀夫 プロ野球実況中継】ロッテ・福浦の2000安打達成を球団が後押し、背景には彼の人柄 (1/2ページ)

 オープン戦も中盤戦。若手と入れ替わるように、ベテランが満を持して名前を連ね始めます。

 13日のZOZOマリンスタジアムでは、福浦和也内野手(42)が1軍に合流しました。通算2000安打まであと38本。昨年は30安打でしたが、果たして今年中の達成はなるのか?

 「昨年はチャンスに回ってくれば…という感じでしたが、今年はどんどん使いますよ。今シーズン中に達成させるのが僕の仕事ですから」と井口新監督。その言葉どおり、この日のオリックス戦もスタメン起用できっちり3打席(残念ながら無安打)。打席数が増えてくれば達成は早まるかもしれません。

 「彼にはチームを引っ張ってほしいし、若い選手は彼の背中を手本にしてほしい」

 井口監督がそう絶賛する福浦選手の野球に対する姿勢を、2軍の大村巌、堀幸一両打撃コーチが具体的なエピソード付きで教えてくれました。

 大村「アップもスパイク走も含めて、すべて若手と同じメニューをこなします。先日ファームの試合で選手が足りず、指名打者で5打席立ってもらったんですが、『5打席なんて何十年ぶりですかね(笑)』って嫌な顔ひとつ見せなかった」

 堀「楽をしようという発想が全くない。11日は東洋大学との試合でしたが、学生相手でも自分がやるべきことをしっかりこなしていました」

 球団を挙げて大記録を後押ししてくれる背景に彼の人柄を感じます。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース