記事詳細

大坂なおみ、元世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズに快勝

 テニスのマイアミ・オープンは21日(日本時間22日)、女子シングルス1回戦が行われ、BNPパリバ・オープンでツアー初優勝を飾り世界ランク22位に浮上した大坂なおみ(20)=日清食品=が、少女時代からの憧れだった元世界1位のセリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=に挑戦。6-3、6-2で快勝した。1時間17分だった。2回戦では第4シードのエリナ・スビトリナ(23)=ウクライナ=と対戦する

 前週の優勝がフロックでないことを証明した力強い勝利だった。

 第1セット序盤はセリーナのサービス、ショットが冴え、大坂が再三ディースに持ち込まれ劣勢だったが、徐々にセリーナのストロークにもついていけるようになった第7ゲームを大坂がブレークすると、一気にエンジンがかかり8、9ゲームも連取した。

 第2セットは、大坂が2-1で迎えた第4ゲームでブレークして優位に立ち、第8ゲームをあっさりブレークし6-2で快勝した。これで3年連続の初戦突破だ。

 この日はバックハンドが強烈で精度が高く、ピンチに陥りそうになった展開ではサービスエースで切り抜けた。

 エースは7本。ウィナーは大坂18、セリーナ16で大坂が上回った。

 試合後、とても冷静にプレーしていたね、といわれた大坂は「本当はものすごく緊張していた。憧れの選手に勝てて嬉しい。彼女と戦うのは夢だった。試合では何とか彼女に(私がいい選手だと)印象づけたかった」

 大坂は以前から、「ウィリアムズ姉妹とシャラポワ(ロシア)に勝ちたい」といっており、前週のBNPパリバ・オープンで元世界1位のシャラポワを破り、残る倒したい選手はセリーナだけになっていた。

 セリーナは4大大会通算23勝を誇るが、昨年9月に長女を出産し、BNPパリバ・オープンでツアー復帰を果たしたばかり。世界ランクも491位。出だしこそよかったが、徐々に大坂に押されて集中が続かなかった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう