記事詳細

セ・リーグ順位、評論家3氏と夕刊フジ記者4人が大予想! 広島“人気”だが… (1/3ページ)

 セ、パ両リーグ公式戦が30日に開幕。山崎武司(49)=元中日、オリックス、楽天、藪恵壹(49)=元阪神、米大リーグ、楽天、小田幸平(41)=元巨人、中日=の評論家3氏と、夕刊フジ記者4人による順位予想のセ・リーグ編をお送りする。

 ■評論家諸氏セ順位予想

 山崎氏と小田氏は広島のリーグ3連覇を予想。山崎氏は「年齢的に脂の乗り切った田中、菊池、丸を中心に、投打ともバランスが取れている」。

 石井打撃コーチと河田外野守備走塁コーチがそろって同一リーグのヤクルトへ流出したことを懸念する声もあるが、小田氏は「去られた側の広島にも『“だから弱くなった”とは絶対にいわれたくない』という意地がありますから」とむしろプラスに働くとみる。

 もっとも、山崎氏は広島か巨人か、どちらを1位に推すかで悩んだ。「巨人も、新加入のゲレーロは中日で昨季本塁打王を獲得した自信があるし、投手陣も昨年不祥事で解雇寸前までいった山口俊が目の色を変えている」

 10年ぶりに巨人へ復帰した上原も注目されている。巨人捕手時代に“上原専属”の形でマスクをかぶったこともある小田氏は「巨人はキャンプからオープン戦にかけて若手を競争させながら世代交代を進めてきた。そこに加入したベテランの上原さんがうまくマッチするかどうか。今季を左右するキーポイントだと思います」と指摘する。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース