記事詳細

広島・丸にメジャー熱視線「どこのチームも欲しがる」

 昨年のセ・リーグMVP、広島・丸佳浩外野手(28)にメジャーから熱い視線が送られている。

 5日のヤクルト戦(神宮)では、5回に相手先発・館山から左中間席へ先制3号3ラン。4打数2安打3打点の活躍でチームを5-4の勝利に導いた。「(先発の)岡田が頑張っている中で何とか点を取ろうという一心。自分のスイングができた」。主砲の鈴木やベテランの新井が離脱している中、打線の中核として機能している。

 順調にいけば今季中に国内FA権を取得する。宣言すれば巨人、ソフトバンク、地元のロッテなどによる争奪戦は必至。丸自身はFA権に関してオフのインタビューで「今は考えられない。権利を取得してみないとわからない」と明言を避けているが、さらなる選択肢が浮上している。

 この日の試合を複数のメジャースカウトが丸を目当てに視察。その内の1人は匿名を条件にこう明かした。

 「近年のNPBの野手で最もコンスタントに好成績を残している。選球眼に優れ、逆方向に強い打球が打てるのも素晴らしい。足も守備もハイレベルだ。そしてケガをしているところを見たことがない。どこのチームも欲しがるよ」

 元来、ポスティングシステムによるメジャー移籍を認めてこなかった広島だが、2015年オフに前田健太投手(29)=現ドジャース=に対して解禁した。

 「丸が国内FA権取得を機にポスティングを希望すれば、広島が認める可能性はある」と前出のスカウトは意気込んでいる。(片岡将)

関連ニュース