記事詳細

まさかの…パワハラ栄氏が至学館大監督留任 谷岡学長が断固擁護

 対立の構図は変わっていない。レスリング女子で五輪4連覇の伊調馨(ALSOK)へのパワーハラスメントが認定され、日本レスリング協会の強化本部長を辞任した栄和人氏は9日、弁護士を通じて謝罪文を発表し「不徳のいたすところと深く反省し、責任を痛感している」などと心境を記した。一方で、栄氏がレスリング部監督を務める至学館大は同日、留任を発表した。

 パワハラに関する告発状が内閣府に出され、協会が設置した第三者機関の聞き取り調査で4件がパワハラと認定された。しかし、練習場に出入りできないように圧力をかけたと指摘されたことなどは認定されなかった。伊調は「まだ内閣府の調査が続いておりますので、最終的にはその調査結果を待ちたいと思います」とファイティングポーズを解いていない。

 至学館大の谷岡郁子学長は「現役の選手たち全員が今後も栄監督の指導を受けることを望んでいる。選手たちの思いを尊重し、指導を託す」とのコメントを発表。栄氏を断固擁護する姿勢を示した形だ。伊調については「練習再開の表明をされたことは喜ばしく、今後の活動に期待します」としたが、3月の会見で「そもそも彼女は選手なんですか」「五輪を目指すはずがない人」と言い放った対立ムードは、一向に拭えない。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース