記事詳細

妻・古閑美保の“遠隔操作”が導いた、小平の米ツアー初V 国際電話で「練習してきな!」 (1/2ページ)

 愛妻からのアドバイスがあればこその優勝だった。米男子ゴルフのRBCヘリテイジ(サウスカロライナ州)で日本人5人目の米ツアー優勝を成し遂げた小平智(28)が17日に凱旋帰国し、羽田空港で会見を行った。

 昨年3月に元賞金女王の古閑美保(35)と結婚すると、昨季は国内賞金ランキング2位に上昇。世界ランキング50位以内が出場できるマスターズに、同46位(今週は27位に浮上)で初出場し28位に入り、今度は大逆転で優勝した。

 小平は「私生活では、食事面や体調管理も含めてやってもらっている。ストレスなく試合に臨むことができる。友達と遊ぶときに、あまりハメを外しすぎると怒られますし、そこら辺のブレーキもかけてくれます(笑)。いい結果につながっています」と7歳上の姉さん女房に感謝。

 古閑は前週のマスターズに帯同し、パー3コンテストではキャディーを務めたが、地元の熊本で開催された「バンテリンレディス」のラウンドリポーターを行うため一足先に帰国していた。

 最終日は首位から6打差の12位でスタートし、金シウ(韓国)から2打差の2位でホールアウト。小平は「(プレーオフは)ないだろうと思って」、クラブハウスのテラスでくつろぎ、古閑に国際電話をかけた。

 「美保が結構プレーオフを経験しているみたいで、賞金女王になったときも劇的(2008年シーズン最終戦最終日に大逆転で優勝し、賞金ランキングも逆転)で『まだわからないから。ああいうこともあるから、練習してきな』といわれました。今となっては、あれが役に立ちました」と内助の功を明かした。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース