記事詳細

日本ハム・清宮、遠い春 チーム関係者「ストライクゾーンの見極めできていない」

 2軍でこのていたらくでは、無理やり1軍に上げるわけにもいかない。

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)は19日のイースタン・リーグ楽天戦(森林どり泉)に「3番・一塁」で先発したが、5打数無安打1四球。2軍戦で通算19打数2安打、打率.105、0本塁打、1打点と苦しんでいる。

 チームの顔だった大谷翔平投手(23)が大リーグに移籍し、営業面でも期待が大きい。それでも、当初見込まれていた今週末での1軍昇格が見送られたのは、「ストライクゾーンの見極めがまだできていないから」(チーム関係者)。

 前出関係者は「ゴールデンウイークの本拠地連戦には1軍にいてほしい」と期待を込めてソロバンを弾く。清宮も「だんだんとタイミングをつかめてきている」というのだが…。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース