記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】ボールを高く上げるには? 右へのミスショット応用する (2/2ページ)

 ミスショットを生かすというのは大事なこと。ゴルフにはフックとスライスがあるのだから、フックを打つには向かないスイングでも、それはスライスを打つのに便利になったりする。それならスライスで攻めていけばいい。捨てる神あれば拾う神ありだ。

 いろいろ直したがる人も多いけれど、その人には一番打ちやすい打ち方があるので、あまり直すのはよくない。全体のバランスやタイミングまでいじってしまうと、工事が大きすぎて収拾がつかない。

 ある程度経験を積んだプレーヤーなら、その打ち方を大事にして、微調整で十分だ。

 右に飛びやすいなら、持ち球にして左に向かって打っていけばいい。完璧はいらない。ミスショットも毛嫌いせず、かわいがってやれば、きっと恩返しをしてくれる。

 ■佐藤剛平(さとう・ごうへい) 栃木県芳賀カントリークラブ所属。シニアツアープロ。2012年の「ISPSハンダカップ秋晴れのシニアマスターズ」でシニア初優勝。1955年10月25日生まれ。熊本県出身。関西学院大法学部卒。

zakzakの最新情報を受け取ろう