記事詳細

横峯さくら 成績不振が続き「家族崩壊」状態、良郎氏も苦言 (1/3ページ)

 155cmと小柄ながら、豪快な“オーバースイング”からのロングドライブを武器に、ツアー通算23勝をあげた横峯さくら(32)。だが、優勝からは4年も遠ざかっている。その間、彼女を支えてきた「家族」との間に、大きな亀裂が生じていた--。

 2009年に6勝をあげて賞金女王を獲得するなど、日本で輝かしい成績を残した横峯が「米ツアー挑戦」を表明したのは2014年オフのこと。

 「もともと彼女は大の飛行機嫌いで、米ツアーなんてまず無理だと思われていた。心変わりのきっかけは、2014年4月のメンタルトレーナー・森川陽太郎氏(37)との結婚だったそうです。“二人三脚であれば頑張れる”として、米女子ツアーのQT(シード権獲得のための予選会)を受け、出場権を獲得した。だが、結果は芳しくなかった」(担当記者)

 2015年は賞金ランク44位に食い込んだが、年を追うごとに成績を落としていく。昨年は賞金ランク137位でシード権を失った。

 「過去の優勝者資格などを行使して今年は日本ツアーに参戦しているが、3月にはいきなり男子下部ツアーに参戦し、通算10オーバーの128位で予選落ち。復活への糸口は掴めていない」(同前)

 かつてと違うのは、成績だけではない。横峯の周囲から、彼女を支えてきた家族の姿が消えていた。

 ◆実家には帰っていない

 横峯は8歳でゴルフを始めた。実家のある鹿児島県鹿屋市で、父・良郎氏が娘のために自ら重機で山を切り開いて練習場を造ったエピソードは広く知られている。プロデビュー後も、良郎氏がバッグを担ぎ、料理が得意な母・絹子さんは、食事・栄養面でサポートした。プロゴルファー、キャディとなった2人の姉も心強い存在だった。

 米ツアー参戦についても、良郎氏が本誌・週刊ポストに「俺も家内も(渡米に)賛成しています」(2014年12月12日号)とコメントするなど、当初の関係は良好に見えた。それが、米国で結果が出ない中で変化していく。横峯家に親しい関係者がいう。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース