記事詳細

日本ハム・清宮、初本塁打! デビュー戦から7戦連続安打の新記録達成

 プロ野球日本ハムのドラフト1位新人、清宮幸太郎内野手(18)が9日、大阪市の京セラドーム大阪で行われたオリックス7回戦の二回にプロ初本塁打を放った。出場7試合目、24打席目で、ブランドン・ディクソン投手から右越えに先制のソロ本塁打を運んだ。

 東京・早稲田実業高時代に高校歴代通算最多とされる111本塁打を放った注目ルーキー。開幕1軍は逃したが、デビュー戦となった2日の楽天戦(札幌ドーム)の初打席で二塁打をマーク、この初本塁打でプロ初打点を挙げた。これで1軍初出場から7試合連続安打となり、プロ野球の新人最長記録(ドラフト制が導入された1966年以降)を樹立。その後は無安打で、試合は日本ハムが8-2で勝った。(共同)

zakzakの最新情報を受け取ろう