記事詳細

日本ハム・清宮「キヨ・ビーム」お披露目も…打高守低のジレンマ

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)=早実高=は11日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)に「6番・左翼」で先発し4打席に立ったが、2試合連続の無安打に終わった。

 前日10日のオリックス戦に続いて外野手として先発。4-4の5回1死一、三塁の場面では、柳田の浅い左飛でタッチアップした三走の今宮を、本塁へのワンバウンド送球で刺した。

 清宮は「準備はしていたので良かった」とうなずいたが、テレビ解説の前田智徳氏(広島OB)が「まさかあの打球で(三走が)本塁を狙うとは。よほど(清宮の肩が弱いという)データがあるんでしょう」と苦笑したほどで、いくらなんでもなめすぎた。

 スポーツ紙には「キヨ・ビーム」、「幸太郎ビーム」といった見出しも躍ったが、要するにイチローばりの「レーザービーム」とはとても呼べない山なり送球だった。

 清宮は肝心のバットでは結果を残せず。相手先発・東浜のシンカーに翻弄され、快音は響かなかった。9日・オリックス戦(京セラドーム大阪)でのプロ1号本塁打のあと、12打席で安打が出ていない。

 チーム関係者は「外野守備への不安が打席に影響している可能性は否定できない。本当なら今すぐにでも2軍で慣れる期間を作りたいくらいだ」と頭を抱える。

 左翼ではベンチの川名外野守備走塁コーチからの指示のほか、打者が代わるごとに、中堅の西川を振り向き守備位置の助言を仰いでいるほど。

 5回無死一塁の場面では中村の大飛球を、本来ならフェンス際まで半身で追うところをバックステップしながら何とか捕球。栗山監督をはじめベンチ全員が胸をなで下ろす場面もあった。同点の8回の守備からは前日同様、守備固めを送られ試合から退いた。

 先の関係者は「打つだけなら、2軍でやることはもうほとんどない。しかし守るとなると、外野はおろか一塁の守備だってまだまだ危なっかしい」と指摘する。

 大物ルーキーの新人離れした打撃と、不安だらけの守備というジレンマは、しばらく解消されそうにない。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース