記事詳細

【勝者のワザ】ワールドレディス優勝、申ジエ 逆転Vへイーグル呼び込んだ、距離を出すドローショット (1/2ページ)

★ワールドレディス優勝

 終盤の一振りで逆転。申ジエがワールドレディス最終日17番パー5ホールの第2打で、アルバトロス寸前の会心のショットを放ち、イーグルを奪って逆転勝利を呼び寄せた。

 フェアウエーからの第2打は、ピンまで244ヤード。通常の打ち方では、届かない距離なのだが、申ジエは距離を出すときの打ち方をはっきりとイメージしていた。

 「花道を狙って、そこからグリーンに転がし上げる」

 そのショットは、ターゲットよりもやや右に飛び出してから戻すフック回転がかかった強い弾道だった。落下してからランが出て距離を稼げる弾道である。

 スタンスは、ボールを打ち出したいラインに合わせる。ターゲットである花道よりも右を向いてのセットアップだ。そして、フェース向きはターゲットに合わせる。打ち出すラインに対しては、ややクローズドフェースになる。

 この構えから、スタンスの向きに合わせてスイングすることで、やや低めの強いショットがスタンスの向きに飛び出していく。低めになるのは、クローズドフェースになっているためにロフトが立った状態でボールをヒットすることになるからだ。

 そして、スイングプレーンに対してフェースが被った状態でのインパクトになるため、ボールに左回転が加わり、フック系の弾道となる。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース