記事詳細

緊急降板の中日・松坂、軽症アピールも「今度故障したら引退」の声

 13日の巨人戦(東京ドーム)で右ふくらはぎに強い張りを訴え3回途中で緊急降板した中日・松坂大輔投手(37)は一夜明けた14日、「(まだ)張ってはいますが、次の登板に支障はないと思います」と明言。当初の予定通り、中6日で20日の阪神戦(ナゴヤドーム)に先発する見通しとなった。

 この日、ナゴヤドームに隣接する屋外練習場で午後2時から約45分間、キャッチボールやジョギングで汗を流した。森監督から「大丈夫か?」と声をかけられ、「(次回も)行かせてください」と直訴したという。

 もっとも、チーム関係者からは心配する声も上がっている。

 「当初は1カ月に1、2回の登板予定だったのが、調子がいいこともあって急速に間隔が詰まった。ふくらはぎに張りが出るときは、やっぱりどこか無理している証拠。どんどん投げたい気持ちはわかるが、今度故障したら引退に直結するだけに、周りが細心の注意を払ってあげないと」

 松坂は練習終了後、報道陣が取り囲んだ途端、突然猛ダッシュし約150メートル激走。運動不足の記者を置き去りにし、いたずらっぽく笑ったが、こんな“軽症アピール”はやめていただきたい。(山戸英州)

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース