記事詳細

ラグビー19年W杯、日本開幕戦はロシアに変更 ルーマニアの出場権取り消しで

 ラグビーの国際統括団体、ワールドラグビー(WR)は15日、2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の欧州予選で選手の代表資格に問題があったとして、9月20日の開幕戦で日本と対戦する予定だった欧州代表のルーマニアの出場権を取り消し、ロシアが繰り上がると発表した。異議申し立て期間は14日間で、ロイター通信によると、ルーマニア協会は申し立てをする意向。

 欧州予選を兼ねた17、18年の欧州選手権では、出場チームに当該国の代表資格を持たない選手が含まれていた疑惑などが浮上し、WRが調査するため委員会を設置。ルーマニア、スペイン、ベルギーが規定に違反したと判断し、罰則として勝ち点を減らした結果、予選3位だったロシアが出場権を得た。

 世界ランキング19位のロシアは11年大会以来、2大会ぶり2度目の出場。日本は同11位。日本が入った1次リーグA組には、ほかにアイルランド、スコットランドが出場する。(共同)

zakzakの最新情報を受け取ろう