記事詳細

ダルビッシュに「あまりにひ弱」と批判 右ふくらはぎのけいれんで4回降板の波紋

 日米通算150勝を目前に今季いまだ勝ち星なしのカブスのダルビッシュ有投手(31)。15日(日本時間16日)のブレーブス戦でも4回を投げ終えたところで右ふくらはぎのけいれんで降板した。

 この日は4回を被安打3(被本塁打1)、与四球2、奪三振5、失点1。徐々によくなってはいるが、世界一奪還を目指すチームの柱としては「あまりにひ弱」との批判がシカゴで高まっている。

zakzakの最新情報を受け取ろう