記事詳細

【あの代表監督の成功と失敗】自分より目立つスター選手には辛辣「シャンゼリゼにジャージーで行くなんて、ナメてるのか!」 (1/2ページ)

★フィリップ・トルシエ(上)

 岡田武史監督のもと、悲願のW杯初出場を果たした1998年フランス大会本戦で、日本代表は3戦全敗に終わった。

 日韓共催の2002年大会へ向け、日本サッカー協会の意向は「岡田続投」で一致。ところが岡田監督は固辞した。

 そこで日本協会が白羽の矢を立てたのが、J1名古屋の再建で実績を挙げ、当時イングランドプレミアリーグ・アーセナルの監督を務めていたアーセン・ベンゲル氏(68)。

 こちらにも「オファーを受けることはできない」と断られたが、ベンゲル氏が代わりに「頭が良く、驚くような発想の持ち主で、誰にも負けない情熱家がいる」と強く推薦したのが、フィリップ・トルシエ監督(63)だ。

 実際のトルシエ監督は、情熱家というか、“熱すぎる”男だった。

 選手にはもちろん、協会幹部に対しても上から目線。当時日本代表のエースだった中田英寿氏に、「ナカタは携帯電話のCMに出ているが、私が30回その電話を鳴らしても出たためしがない」とチクリ。フランス遠征の際には、日本代表の公式ジャージーを着て外出した中村俊輔(39、現磐田)に「おまえ、パリのシャンゼリゼにジャージーで行くなんて、ナメてるのか!」と詰め寄った。自分より目立つスター選手には、ことのほか辛辣だった。結局中村は02年W杯の最終メンバーから外された。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース