記事詳細

日馬事件で陥落…貴ノ岩と照ノ富士が明暗くっきり

 “鳥取の夜”に同席し十両に陥落した両力士が、明暗を分けた。

 西十両11枚目の貴ノ岩(28)=貴乃花=は、若隆景を上手投げで下し勝ち越し。2場所連続休場からの復帰戦となった先場所は千秋楽で勝ち越したが、今場所は早々と決めた。

 「稽古は先場所よりもできました。(幕内復帰は)焦らず頑張ります」と復調へ手応えを感じている様子。貴乃花親方は「よかった。(状態は)まだまだかなと思って見ているけど。本来の力を出すには時間がかかると思います」と分析したが、相撲勘を取り戻しつつある。

 一方、東十両8枚目の照ノ富士(26)=伊勢ヶ浜=は、朝弁慶に一方的に押し出され5敗6休。左膝半月板損傷で4日目から休場し、この日から再出場したものの、元大関では昭和以降で初となる幕下陥落が決定的となった。

 「気持ちは燃えているが、体は燃えていない。幕下でやるんであれば、ここまでの地位のプライドを捨てなければならない。自分だけでは決められない」と吐露した。

 昨年10月、元横綱日馬富士が貴ノ岩を殴ってケガを負わせ傷害事件の現場となった宴席に、照ノ富士も同席。こちらも、左膝を痛めているのに正座させられた上、素手で1、2発たたかれ、「ごっちゃんです」と頭を下げたとされるが、力士生命の危機に陥っている。

 

zakzakの最新情報を受け取ろう