記事詳細

【編集局から】新人研修で運動部へ、初のゴルフ取材は反省することばかり…

 新人研修中の私、今月1カ月間は運動部でお世話になります。2日には、日本ツアー選手権森ビル杯(茨城県宍戸ヒルズCC)第3日で初のゴルフ取材を経験しましたが、反省することばかりです。

 最終組のスタート時間に近づくにつれ、プレスルームから記者が神隠しかのようにだんだんといなくなりました。勝手がわからず、他社の記者を追いかけて1番ホールへと向かいました。

 約5時間最終組について回りましたが、炎天下の中、帽子も日焼け止めも水分も持たず、なんとか精神力だけで生還しました。

 18番を終え昼飯を食べる時間もなく、練習場で選手をチェックし、プレスルームに戻ってみると、記者は誰もいません。運営スタッフから「会見始まってますよ」といわれ、会見場へ猛ダッシュしましたが、首位だった時松選手の会見に遅刻しました。

 翌日の最終日も同じく1番ホールから18番までついて回った後、先輩から「ここのコースは5番以降まで付いていくと、戻れなくなるから記者はみんな引き返すんだよ」と言われガックリ。ほろ苦いゴルフ取材デビューとなりました。(松村友二)

zakzakの最新情報を受け取ろう