記事詳細

楽天・松井、不振で登録抹消 起用法再検討の可能性も

 起用法を再検討する可能性もある。楽天は7日の巨人戦(東京ドーム)に勝ち、交流戦3カード目で初めて勝ち越したが、昨年までの抑え、松井裕樹投手(22)が不振のため登録抹消。今季は24試合で0勝5敗2セーブ、防御率5・01でチーム低迷の要因となっていた。

 梨田監督は「本来の松井のボールではない。このままやるより、1回見つめ直す方がいい」と説明。「彼の長い野球人生を考えると。(通算)100セーブまであと2つとか、全部わかった上」と続けた。

 松井はチーム事情で2年目から抑えに定着し、WBCに出場するなど日本代表でも常連。しかし梨田監督は、就任した一昨年に松井を先発で起用することを検討したが、代わりに抑えが務まる外国人を獲得することができず、そのまま松井に任せた経緯がある。

 梨田監督は「若いときからクローザーをやっていると勤続疲労、目に見えない疲労もあると思う。そのあたりをこっちが決断しないと、なかなか前に進まない」と負担の多い抑えを長年続けるリスクを心配する。

 この日は先発の岸が8回まで4失点で粘投。決して調子がよくなかっただけに、もしもリリーフが万全なら早い回で降板していた可能性がある。松井の不在は先発にもしわ寄せがくる。

 松井にリリーフを続けさせるかどうか、楽天は岐路に立たされた。(塚沢健太郎)

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース