記事詳細

マー君、走塁アクシデント 両太ももの張りで緊急降板

 ヤンキースの田中将大投手(29)は8日、メジャー通算60勝目となる8勝目を懸けてニューヨークでのメッツ戦に先発し、1回に先制ソロを許して1点を失った。先頭のニモに146キロの速球を、右越えに運ばれた。

 田中はこの1発で目が覚め、5回1安打1失点、8奪三振の力投だったが、6回の走塁でアクシデント。一塁ゴロ失策で出塁し、三進したあと犠飛で同点のホームを踏んだが、その後に両太ももの張りで緊急降板した。投数75だった。

zakzakの最新情報を受け取ろう