記事詳細

片山晋呉に新たな悪評続々… 「プロアマに出たくない先鋒」「練習器具付けたままプレー」 (1/2ページ)

 男子ゴルフの片山晋呉(45)が「日本ツアー選手権森ビル杯」のプロアマ戦(5月30日)で招待客に不適切な対応をして激怒させた問題は、日々波紋を広げているが、片山への同情論はあまり聞かれず、あちこちから新たな悪評が噴出する始末だ。

 タレントの大桃美代子(53)は8日、自身のブログを更新。10年ほど前にプロアマ大会で片山とラウンドしたことがあったという。「みなさんとまわると言うより、ご自身が使っているクラブメーカーの方が付ききりでクラブチェックをしたり、修正点をメーカーさんと話していたり」と招待客そっちのけの実態を暴露。当時は「プロの勝利への執念なんだろう」と受け止めたが、他のタレントから「宮里プロと一緒で、バンカーからの出し方とか教えてくれて優しかった」と聞き、「うらやましいな~と思ったものでした」。

 一方、野球解説者の金村義明氏(54)は同日放送のTOKYO MXテレビ『バラいろダンディ』で「男子は(愛想がいいといわれる女子と)スポンサーとの距離が違う。プロアマに出たくない先鋒が片山だった。素晴らしい人間性のいい選手がいっぱいいるのに、こういうことになると女子ともっと差がつけられそう」と名指しで批判した。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース