記事詳細

さくら、米ツアー自己最高の2位! 「強い気持ちでプレーできた」 米女子ゴルフ

 米女子ゴルフのショップライト・クラシックは10日、ニュージャージー州ギャロウェーのストックトン・シービューGC(パー71)で行われ、7打差の20位から最終ラウンドに臨んだ横峯さくら(32)が1イーグル、8バーディーの61で回り、通算15アンダーで1打差の2位に入った。米ツアー自己最高順位。

 5~6メートルのパットが次々と決まり、前半は3番(パー5)のイーグルなどで31。後半も13番から3連続バーディーなどで30。初日、2日目でバーディーを奪っていた最終18番(パー5)は、4メートルのバーディーパットが外れてプレーオフは逃した。

 「(自己)ベストスコアを更新できてうれしい。悔やまれるのは18番。あそこでバーディーを取らないとプレーオフや優勝はない。強い気持ちで18ホールをプレーすることはできた」と横峯。

 63で回ったアニー・パク(米国)が通算16アンダーでツアー初優勝を飾り賞金26万2500ドル(約2860万円)を獲得した。上原彩子は3アンダーの55位、野村敏京は2アンダーで61位だった。

 ■最終成績

 -16(1)アニー・パーク  (米国)

 -15(2)横峯さくら

 -14(3)マリナ・アレックス(米国)

 -13(4)キム・セヨン   (韓国)

zakzakの最新情報を受け取ろう