記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】バンカーショットのコツ 打ち方編 ボール手前3センチにヘッドを打ち込む 宮里式・練習法は「線を引く」 (1/2ページ)

★宮里美香(2)

 バンカーショットを成功させるためには、フェースを開き、少しオープンに立ち、左足体重で構えます。

 左足体重の目安は、フィニッシュのとき、「これくらい体重が左足に乗っているはず」というくらい。構えたときからインパクトの形を作っておくのが目的です。

 バックスイングは、全く体重移動をせず、左足に体重を乗せたままクラブを振り上げます(写真〔1〕)。このとき、頭の位置を動かさないようにすることも大切です。

 インパクトでは、ボールの手前にヘッドを打ち込むわけですが、その位置は手前3センチぐらいがベスト。何となくダフらせるのではなく、「ここに打ち込む」というつもりでインパクトをしましょう。

 フォロースルーにかけては、スタンス通り、つまり左方向に振り抜いてください(同〔2〕)。このときの注意点は、打って終わりではなく、しっかり振り抜くこと。ボールの手前にヘッドを入れていれば、どんなに強く打ってもボールが飛び過ぎることはないので、安心して振り抜いてください。

 また、球を上げようとしないことも大切です。上げようとすると、せっかく構えで左足体重にしていてもインパクトで右足体重になってしまい、ダフる(もともとダフらせるのがバンカーショットですが、必要以上に手前を叩いてしまう)ことになるからです。

zakzakの最新情報を受け取ろう