記事詳細

W杯2018ロシア大会、ロシアが開催国“初戦不敗神話”守った!! サウジに5ー0

 14日の開幕セレモニー直後の初戦(モスクワ)に、地元ロシア(FIFAランキング70位)が大声援を受けて登場。同じ1次リーグA組のサウジアラビア(同67位)と対戦し5-0で大勝した。

 満員の観客の声援に後押しされた。前半12分、MFゴロビンが左サイドからクロスを上げ、ゴール前で待っていたMFガジンスキが頭で合わせて今大会第1号ゴール。

 勢いづいたロシアは同43分、MFチェリシェフが相手DFを交わし、左足で豪快に決めて2点目。さらに後半26分には、代わったばかりのFWジュバが右からのクロスボールを頭でたたき込み、その後も得点を重ねた。

 ロシアは直近7試合で勝利がなかったのがウソのような躍動。「W杯開催国は初戦で負けない」という“不敗神話”を継続させた。地元チームが1次リーグで敗退したのも2010年の南アフリカだけ。重圧をはね返す大勝だった。

 一方、サウジアラビアは、アジア最終予選で日本と1勝1敗と互角だった。日本にとっては衝撃の開幕戦でもあった。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース