記事詳細

レスリング会長が文春提訴「記事は名誉毀損」

 日本レスリング協会の福田富昭会長が、週刊文春の記事で名誉を毀損されたとして、文芸春秋(東京)に1100万円の損害賠償を求めて提訴していたことが分かった。15日に東京地裁で第1回口頭弁論があり、文芸春秋側は請求棄却を求めた。

 訴状によると、週刊文春は今年5月のゴールデンウイーク特大号に「レスリング協会“汚れた金脈と人脈” 福田会長と山口組元最高幹部」との記事を掲載。福田会長が新潟県に所有するレスリング道場を女子選手の合宿所として使い、協会が負担した費用を自分の懐に入れたなどと報じ、社会的評価を低下させたとしている。

 週刊文春編集部は「記事には十分自信を持っている」としている。

zakzakの最新情報を受け取ろう