記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】「28年会」中畑氏、落合氏…来季監督就任ラッシュ? “同期”楽天・梨田監督辞任で注目

 楽天・梨田昌孝監督(64)辞任の余波というべきか。同じ『28年会』メンバーの中畑清氏(64)=前DeNA監督=と落合博満氏(64)=元中日監督=が注目され始めた。

 「オレ自身は昭和29年1月6日の早生まれだが、同期生の昭和28年生まれの会ということで、『28年会』を旗揚げして会長になった。相撲界の『花のニッパチ』(北の湖、若三杉、麒麟児ら)に対抗意識があったからね」。中畑会長が『28年会』発足の経緯をこう説明している。3人の他にも、初代楽天監督を務めた田尾安志氏、元阪神監督・真弓明信氏といった豪華なメンバーが顔をそろえている。

 今季はセ、パ共に混戦模様だが、「東北愛」を公言する中畑氏は来季楽天監督候補。さらに古巣巨人への監督復帰情報もある。DeNA監督の4年間はすべてBクラスだったが、チーム再建の基礎を築き上げ、ファン、マスコミへ抜群の情報発信力を発揮。大幅な観客動員アップを果たしている。巨人、楽天が食指を動かすのは当然だろう。

 リーグ優勝4回、日本一1回という実績を誇る常勝監督・落合氏に関しては、渡辺恒雄読売グループ本社代表取締役主筆が、過去にラブコールを送った経緯がある。しかも、OB以外は監督にしないという不文律がある巨人だが、「選手として巨人の4番を打っている落合君は立派なOBの一員だ」と渡辺主筆が明言したこともある。

 ペナントレースと同時進行で進む水面下での来季監督人事。中畑、落合氏の『28年会』コンビから目を離せない。(江尻良文)

関連ニュース