記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】木の隙間からグリーンを狙うには? ボールが上がらないよう…シャフト握るくらい短く持つ (1/2ページ)

 【今週の質問】林の中から出すだけでなく、できれば木の隙間からグリーンを狙って打ちたいです。無理をして大たたきになってしまうことも多いです。どんなことを心がけたらいいですか。

 木と木の間を抜くためには、狙った方向に打たなければならないが、忘れてはいけないのが出球の高さだ。

 ある程度うまい人なら、左右のずれは比較的防げるかと思うが、高さをそろえるとなると相当の技術がいる。思ったより高く出て、枝に当たってしまったという経験はあるだろう。

 出すだけと違い、グリーンを狙っていくとなると、距離を出さなければならないので、長いアイアンで大きなスイングをしなければならない。

 上から低く押さえて打とうとすると、逆に打ち出しが高くなってしまうことがある。これをやってしまうと大たたきは確実。絶対に低く打ち出さなければならない。

 そのために有効なのが短く持つこと。場合によってはグリップの下のシャフトを握るくらいに持って打つのもいい。

関連ニュース