記事詳細

【田代学 ダッグアウトの裏側】野球表記「SHP」とは? ドジャースのSHP、パット・ベンディットを直撃 (2/2ページ)

 グラブはミズノ製で、左右どちらでも使用できる6本指の形状。父親のスイッチ投手としての育て方やスイッチ打者との対決が「1人の打者との対戦が終わるまで投げる手を替えてはならない」などのルール改正につながったと説明した。

 現地にいながら昔話ばかりするのは嫌なので、試合後にベンディットを直撃。右投げをヤンキース時代の上手からサイドに変更した理由などを聞き、今もミズノ製ながら、メジャーリーガーらしくホームとビジター用の2色が用意されたグラブを見せてもらった。

 新たに得た情報は、すぐツアーの参加者に提供。添乗員として至らない分を、自分にしかできないサービスでカバーしている。

 ■田代学(たしろ・まなぶ) サンケイスポーツ編集局次長。1991年入社。プロ野球や五輪担当などを経て、2001年から13年11月まで米国駐在の大リーグ担当キャップ。全米野球記者協会の理事や、13年ワールドシリーズの公式記録員を日本人記者で初めて務めた。米国での愛称は「ガク」。

関連ニュース