記事詳細

神戸・ポドルスキ、左足骨折で全治6週間 イニエスタとの共演はお預け…

 18日に再開するサッカーJリーグに暗雲が垂れ込めた。J1神戸が12日、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(33)が左足内側楔状骨剥離骨折で全治6週間と診断されたと発表したのだ。

 5月2日のFC東京戦で左ふくらはぎを負傷して全治8週間と診断され、復帰に向けて和歌山キャンプで調整中の6月28日、さらなるアクシデントに見舞われた。現在は治療のため一時帰国している。

 昨年、2年半総額9億6000万円(推定)で神戸に加入。主将に就任した今年、チームにスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)=前バルセロナ=がJリーグ史上最高の年俸32億5000万円(同)の3年契約で加わることが決まったが、世界的スターの共演は当面お預けとなる。

関連ニュース