記事詳細

W杯ロシア大会 決勝、3位決定戦のみどころは

 【14日(土)】

 ▼午後11時=ベルギー(3)-イングランド(12) (3位決定戦)

 英プレミアリーグでプレーする選手が多い“プレミア対決”。1次リーグG組でも対戦し、ベルギーが1-0で勝っているが、このときはすでに両チームとも決勝トーナメント進出を決めた状況だった。どれだけ気持ちを切り替えて臨めるかが鍵になる。

 【16日(月)】

 ▼午前0時=フランス(7)-クロアチア(20)(決勝)

 問題児を一掃し、新生フランスを完成させた集大成を発揮する決勝戦。初の決勝進出となったクロアチアも大会中に出場を拒否した怠慢な選手を追放し、チームの団結を図ってきた。フランスの怪童FWエムバペやクロアチアの司令塔MFモドリッチに目が行きがちだが、両チームの監督の手腕が勝敗を分ける。

 ※日本時間。丸数字はFIFAランキング