記事詳細

首位タイ発進 K-POPで気分転換! 勝みなみの“オンとオフ”

 ■国内女子ゴルフ「サマンサタバサ・レディース」第1日(13日、茨城県イーグルポイントGC=6588ヤード、パー72)

 昨年のプロテストに一発合格した勝みなみ(20)。今季18試合中トップ10以内が7度で、いつ優勝してもおかしくない。この日は8番からの4連続を含む7バーディー、1ボギーの66。6アンダーで、2週連続の首位タイ発進だ。

 好調の要因は、技術の成長もさることながら、“オンとオフ”の切り替えにある。「ホテルに戻ったら一切ゴルフのことは考えないし、話さないです。何してるかって? ふふふ…」

 勝の“オフ生活”は、韓国のヒップホップグループ「WannaOne」(ワナワン)への熱中?。あるテレビ局のオーディション番組で、ファン投票によって選ばれたメンバーは11人。勝は「イケメンばかり?ファンが選ぶんですよ。人気が出ないわけがない。いつもミュージックビデオを見てます」。

 実は大会直前の火曜日(10日)、同期の小祝さくらと連れだって、千葉・幕張まで足を運びライブを見たという。

 「前から4列目だったんですが、もうカッコ良すぎて、“ヤバイ!”って言葉、200回くらい言っちゃいました。もう半泣き状態…。これからのシーズンを戦える元気をもらいましたね」

 アマチュア時代の2014年に14歳で「KKTバンテリン」でツアー初優勝。「WannaOne効果」でツアー2勝目、“プロ初勝利”をつかむかも…。(清水満)